トップページヘ
病気のお話

肛門掻痒症

どのような病気か

治療についてのご案内
肛門部がかゆい状態のすべてをいいます。原因がはっきりわかるものもありますが、わからないものもたくさんあります。

どうして病気がおこるのか・どんな現れ方か

はっきりした原因として糖尿病、黄疸、じん麻疹などの全身病からおこるもの、蟯虫の寄生によるもの、肛門真菌症(糸状菌、カンジダ)によるもの、神経性のものなどがあります。
しかし、最もよくみられるのは肛門部に汚物が付着したままとなり不潔になって生じるものです。とくに痔疾患があると肛門周囲がでこぼこしてきますし、分泌液が出ることが多いので、そうなる可能性が多くなります。
逆に神経質となって肛門周囲をゴシゴシと洗いすぎたためにおこったり、石けんで洗いすぎて石けん成分が付着したままとなっておこるものもあります。

肛門周囲のかゆみが特徴的です。ひどくなるとかゆくて夜も寝ていられないほどです。
入浴したりして温まったりするとひどくなりがちです。

病気を治す

原因のあるものはそれを取り除き、原病のあるものはそれを治すようにします。
薬としては局所的な薬剤、軟膏や抗ヒスタミン剤などの内服薬を使います。ひどい場合は夜間の安眠のために睡眠剤、鎮静剤を使うこともあります。
しかし治療の基本は肛門の衛生に気をつけることです。

病気に気づいたらどうする

いくらかゆくても機械的な刺激を与えない、つまり、引っかかないことが大切です。
そして他の肛門疾患にも増して肛門衛生が重要です。排便後は紙を使わないで、お湯で洗うようにして、洗った後は十分に乾燥させます。
入浴時には温湯で洗い、石けんを使わないようにします。
下着は通気性の良いものを着用するようにします。
かゆみを増強するアルコール、香辛料、喫煙などを控えるような日常生活での節制も大切です。

⇒ 治療ついての情報を見る

サイトマップ個人情報保護方針
特定医療法人社団松愛会 松田病院 〒432-8061静岡県浜松市西区入野町753  Copyright© Matsuda Hospital, All Rights Reserved.