トップページヘ
  • 治療と検査
  • 治療のご案内
各種検診

治療のご案内

当院で行なっている治療についてご案内します。

ジオン注射療法先進医療ESD手術(肛門)手術(大腸)ヘルニア化学療法

治療についてのご説明

ジオン注射療法

当病院では、内痔核を切らずに注射で治療する、『ジオン注射療法』を行っております。

この治療法は手術に比べて、出血や痛みが少なく、短期間の入院で治療が可能です。

痔核(いぼ痔)とはどのような病気でしょうか?

痔核

肛門周辺粘膜の下には、血管が集まって肛門を閉じる働きをするクッションのような部分があります。肛門への負担が重なると、クッションを支える組織(支持組織)が引き伸ばされ、クッション部分が大きくなり、出血したり肛門の外にでたりするようになります。これが痔核(いぼ痔)です。

痔核には、直腸側にできる内痔核と、肛門側にできる外痔核があります。

また、内痔核が大きくなって脱出するようになると肛門側の痔核、つまり外痔核をともなって内痔核という状態になることもあります。

ジオン注による治療法とは、どんなものでしょうか?

「脱出を伴う内痔核」にジオン注を投与して痔に流れ込む血液の量を減らし、痔を硬くして粘膜に癒着・固定させる治療法です。

痔核を切り取る手術と違って、痔核の痛みを感じない部分に注射するので「傷口から出血する」「傷口が傷む」というようなことはなく、入院期間の短縮も期待できます。

ジオン注による治療法

ジオン注とはどんな薬でしょうか?

ジオン注の有効成分は硫酸アルミニウムカリウムとタンニンというものです。

  • 硫酸化アルミニウムカリウム(出血症状や脱水症状を改善する)
  • タンニン酸(硫酸アルミニウムカリウムの働きを調節する)

どのようにジオン注を投与するのでしょうか?

ジオン注を投与

「ジオン注を投与する前に肛門周囲への麻酔か、下半身だけに効く麻酔を行い肛門周囲の筋肉を緩め注射しやすくします。

ジオン注はひとつの痔核に対して下記図のように4ヶ所に分割して投与します。これは痔核に薬剤を十分に浸透させるための方法で、四段階注射法といいます。

複数の痔核がある場合には、それぞれに投与します。投与後しばらく点滴を続け、麻酔の影響がなくなるまで安静にする必要があります。

ジオン注を投与するとどうなるのでしょうか?

ジオン注を投与

(1) 投与後の早い時期に痔核へ流れ込む血液の量が減り、出血が止まります。脱出の程度も軽くなります。

(2) 投与された部分が次第に小さくなり、引き伸ばされていた支持組織が元の位置に癒着・固定して、脱出がみられなくなります。(1週間~1ヶ月)

出血が見られなくなり、脱出や肛門の周りの腫れがなくなります。

副作用はありますか?

副作用はありますか?

血圧低下、嘔気、頭痛、食欲不振
・・・投与後早い直後にみられることがあります。

肛門部が重いような感じ、排便困難・・・数日でなくなります。

発熱・・・2週間後まで一過性に現れることがあります。

ご希望の方はご来院のうえ、医師にご相談ください。

先進医療ESD

静岡県承認第1号

厚生労働省が認める先進医療、内視鏡的大腸粘膜下層剥離術(大腸ESD)についてご説明します。

ESDとは?

内視鏡的大腸粘膜下層剥離術〔大腸ESD〕(Endoscopic Submucosal Dissection)は、大腸粘膜表面からある程度の深さにとどまっている早期がんや、その他の腫瘍性病変に対して行われる内視鏡治療技術の一つで、内視鏡の先端から特殊な器具を出して病変周囲の粘膜を全周にわたり切開し、病変を表層部からはがし取るという方法です。大腸壁が薄いという解剖学的な理由により、この手技には高度な技術が要求されます。

当院では、これまでに蓄積した安定した治療成績により、2010年8月2日付けにて厚生労働省より先進医療機関として承認され、静岡県内で最初の認定施設となりました。

ESD内容

ESDの手技は、2006年4月に早期胃がんを対象に、また2008年4月には早期食道がんを対象に保険適用となったものの、大腸については技術的に困難で、広く一般的な治療技術とは認め難いとして保険適用になっておりませんでした。しかし、2009年6月17日の厚生労働省先進医療専門家会議において、当該手技を先進医療に加えることが承認されました。

先進医療制度は、保険適用外の新規の診断・治療技術に対し、保険診療との併用を認めることで、患者の自己負担額を軽くするための制度です。個別の技術ごとに、一定の技術的・施設的な要件を満たした医療機関からの申請に基づき厚生労働省が認可を行います。認可を受けると、医療行為のうち、先進医療該当分の直接的費用は患者の自己負担となりますが、 その他の診察、投薬、入院といった通常の保険診療と共通する部分は保険適用になります。

2012年4月に保険適用が認可され、大腸がんも保険診療で受けることが出来ます。

大腸ESDのメリット

大腸ESDは、従来の内視鏡切除法では切除しきれなかった病変に対する完全切除が期待されるため、根治性が高く、詳細な病理組織診断が可能な優れた手技であるといえます。また、開腹手術等の外科手術と比較しても、患者さんの肉体的・精神的、そして医療費負担の大幅な軽減と在院日数の顕著な短縮、医療経済的に見た費用対効果の著しい改善につながるものです。

大腸ESD

手術(肛門)

大腸肛門病が専門の当院では、大勢の患者さんが肛門疾患の手術を受けられ、皆さんが苦痛のない、快適な生活を送っておられます。「こんなに楽になるのなら、なぜもっと早く手術を受けなかったのか悔やまれる」と言うのが多くの声です。肛門疾患の治療も時代とともに少しずつ変化し、より小さな創でより大きな効果を生む方向に向かっています。

当院での入院による肛門手術の種類と頻度は、痔核の手術が63%を占め、次いで痔瘻が20%、裂肛手術は3%で、これら三大肛門疾患で全体の86%を占めます。肛門疾患の治療は病気の種類にもよりますが、まずは安静、内服、坐薬、生活指導などの外来における保存的療法が基本です。
しかし、痛みが強くて仕事も歩行もできない状態では、入院治療が必要になります。この時もまずは保存的療法ですが、肛門周囲膿瘍のような急性感染症だけは緊急の手術となります。

手術療法

根治のために手術を受ける時、一番気になるのは入院日数、費用、手術内容、退院後の仕事のことです。今は誰もが忙しい世の中ですから、当院では患者さんが手術を受けていただき易いように、次のようなプログラムで皆さんの便宜をお図りしております。

1. 通常手術(2週間入院)

痔核、痔瘻、裂肛とも2週間の入院が基本となります。実際は無理をすれば短縮できますが、決して肛門に良いはずはありません。入院中は自分の事は全て独りでできますし、肛門の手入れは温水トイレとシャワーでの洗浄です。あとで消毒することもあります。
退院後から入浴、軽い散歩、短時間の車の運転(30分程)は可能ですが、本格的な飲酒は1ヶ月、自転車は1ヶ月半は止めたほうが無難です。

2. 短期入院手術(数日入院)

ありふれた肛門周囲膿瘍、1ヶ所だけの脱肛、女性に多い肛門前方の皮垂(皮膚のたるみ)、簡単な痔瘻、肛門ポリープ、軽い難治性裂肛などが対象となります。

3. 日帰り手術(入院しない)

血栓性外痔核、肛門周囲膿瘍、肛門ポリープ、皮垂、軽い肛門狭窄、痔核、直腸粘膜脱などが対象です。どうしても入院できない患者さんに対して主に局所麻酔、仙骨麻酔で手術し、1時間ほど休んでから帰宅していただきます。その日から多少の仕事は可能です。

手術内容

麻酔

腰椎麻酔(下半身麻酔)で行います。従いましてお尻を触った感じはありますが、痛みは全くありません。それでいつ手術を始めたか分からない人が多いようです。

ジャックナイフ体位専用ベッド
ジャックナイフ体位専用ベッド

手術体位

ジャックナイフ体位(上半身と下半身を折り曲げてうつ伏せになったスタイル)。

術式

基本的には肛門の機能と形態を大切にした、形成術的な感覚の手術です。具体的には柔らかくて綺麗な肛門に仕上げるのがモットーです。

長い経過で痛み、出血、脱肛があって苦しんでおられる方は、まず手術の適応ですから、早急に手術されることをお勧めします。当院ではなるべく患者さんのご希望の日に手術日を設定しております。 もし手術日が決まったら、それまでの間は保存的治療(内服・坐薬)を続けておいてください。

手術(大腸)

当院では年間6 700例ほどの大腸内視鏡検査をさせていただいていることや近隣の先生方からご紹介いただくこともあり、毎年120例前後の大腸がん手術をさせていただいています。治療成績は5年生存率(手術をしてから5年後にどれぐらいの患者さんがお元気にされているかをみる一つの指標)で評価することが多いのですが、松田病院のステージ2の5年生存率は86.2%で他施設と比べて遜色のない結果でした。

大腸がんの手術

ガイドラインの解説

わが国には日本全国どこに住んでいても大腸がんと診断されたら同じ治療が受けられるようガイドラインが作成されています。当院でも原則的にこのガイドラインに則った手術を行っています。
※一般の方向けに“ガイドラインの解説”が出版されています(大腸癌研究会編 金原出版株式会社刊)。興味のある方は是非ご一読ください。

 

手術適応

手術の大原則はがんの“根治”です。手術はがんが取りきれたときに最大効果を発揮します。がんが手術で取りきれたと判断された場合に「“根治”できましたよ」とお話しすることができます。
しかし、病気が進んでいてがんが手術ではとりきれない場合もあります。このとき、治療の主役は抗がん剤治療となり、手術はわき役となります(腸閉塞や出血予防目的)。手術で取りきれるか取りきれないかはCT検査などで判断します。このことを“手術適応”と呼んでいます。 手術では痛みや体力の低下などの負担が患者さんにかかります。その負担に見合った効果が得られる場合にのみ外科医は「手術適応がある」と判断し、手術をお勧めしています。

手術の目的

大腸がん手術の概念
大腸がん手術の概念。
がんができた腸管とともにリンパ節を扇状に切除します(郭清)
郭清の範囲はがんの深さ(深達度)によって決められています。
良性疾患と異なり、リンパ節をしっかりと切除することが
がん手術の特徴で、再発の予防にもなります。
※クリックで拡大

大腸がんの手術主な目的は“リンパ節郭清”です。がんでなければ腫瘍のできた腸の切除のみでいいわけですが、がんの場合はがんができた近くのリンパ節を腸と一緒に切除します。このことを“リンパ節郭清”と呼んでいます。切除するリンパ節の範囲(広さ)はがんの深さ(大きさではありません)で決められています。また、切除するリンパ節の範囲で切除する腸の長さも決まってきます。

 

 

 

人工肛門について

手術適用
肛門近くにできたがんでは人工肛門が
必要となることがあります。
自然肛門は閉鎖して、左の下腹部に
新しい肛門(人工肛門)をつくり、
便の出口とします。
※クリックで拡大

どの部分の腸を切除するのかはがんのできた部分によって決められています。がんのできた部分が肛門に近いと人工肛門が必要となることもあります。したがって、直腸がん(肛門に近い部分の大腸)では人工肛門のことを考えておくことが必要です。直腸以外の大腸を結腸とも呼びますが、結腸がんの場合は(腸閉塞など特殊な場合を除いて)人工肛門の可能性はありません。また、直腸がんでも肛門からのある程度の距離があれば人工肛門の必要はありません。 担当外科医と相談して術式(人工肛門となるか、人工肛門は必要ないか、一時的に人工肛門を作っておいた方がよいかなど)は決められています。
※手術技術の進歩により肛門近くにがんができてしまった方でも人工肛門をつくらずにすむこともあります。個々の症例に応じて担当外科医と相談して決めています。この術式はISRと呼ばれています。

手術適用
パウチ(畜便袋)を装着した状態

 

 

 

 

 

低侵襲手術

低侵襲手術
腹腔鏡手術は低侵襲手術のひとつです。
おなかを膨らませて、カメラで観察しながら
手術を行います。
おなかの中の様子はモニターに映し出されます。
当院では腹腔鏡手術、HALS手術、小切開開腹術
により、患者さんにやさしい手術を心がけています。
※クリックで拡大

近年、“低侵襲手術”として腹腔鏡手術が注目されています。おなかの傷をできるだけ小さくして、カメラでおなかの中を覗きながら、特殊な手術器具を用いて行う手術です。当院では結腸がんに対して行っています。“低侵襲手術”には腹腔鏡手術に分類されるHALSや開腹術に分類される小開腹手術もあります。 手術療法はがんの根治が大原則ですので、担当外科医とよく相談して術式を決めましょう。

 

 

ヘルニア

当院では、高齢化社会を迎え年々増加している腹部のヘルニア疾患(いわゆる脱腸)に対応するために、ヘルニア外来を開設しております。

ヘルニアとは

ヘルニア
図1 ヘルニアのイメージ

ヘルニアとは臓器が組織の弱いところを通って、その正常な位置から脱出する状態をいい、ちょうどタイヤの弱くなった部分から内部のチューブが飛び出てくるのに似ています(図1)。

ヘルニア
図2 立った時やお腹に力
を入れた時に、そけい部
の皮膚の下に軟いはれ
ができます。

「そけいヘルニア」(いわゆる脱腸)は本来おなかの中にあるべき腸などが、そけい部(股の付け根)から飛び出してくる病気です(図2)。

力んだりするとふくれてきますが、たいていは自然に戻ります。 時にヘルニアの袋にはまりこんだ小腸が戻らなくなって(「嵌頓(かんとん)」といいます)、壊死(えし)をおこし腹膜炎になることもあるので注意が必要です。

 

ヘルニアの治療法

成人のヘルニアの治療は原則として手術療法です。というのは自然に縮小していくことはなく、放置すると次第に腸の脱出が大きくなり、仕事や運動で急に腹圧がかかった時にヘルニア嚢に腸がはさまって抜けなくなり、時間がたつと血流障害がおきます。先に述べた「嵌頓(かんとん))」したヘルニアになります。早期に治療しないと、腸閉塞、腸管壊死(えし)、腹膜炎となり、生命にかかわる場合もあります。 従って、嵌頓(かんとん)を起こす前に手術をした方がよいということになります。

ヘルニア
図3 鼠径ヘルニアに使用する各種人工膜材

ここでは大多数を占める鼠径ヘルニアを例にあげてご説明します。従来は鼠径ヘルニアに対して、自分の筋肉などの組織を縫い合わせて弱い箇所を補強する手術を行ってきましたが、組織に緊張がかかるため、術後の痛みが強い、安静のための入院期間が長い(術後1~2週間)、 再発が多い(5~10%)といった理由から、最近はポリプロピレン製のメッシュという人工膜材をパッチとして使用する、組織に過度の緊張のかからない手術が主流となってきました。その結果、痛みが少なく短期の治療が可能となり、再発率も1%程度と著しく減少しました。当院でも当初からいろいろな人工膜材 (製品名:メッシュプラグ、PHS、クーゲルパッチ、ダイレクトクーゲルパッチ、3Dパッチなど)(図3)を症例(発生部位、大きさなど)に応じて使い分けております。麻酔方法は初期には腰椎麻酔(下半身麻酔、朝まで禁食、歩行禁)で行っていましたが、現在は全身への負担の少ない局所麻酔、または硬膜外麻酔(部分麻酔)に鎮静剤を使用する方法を採用し、 術後2時間安静ののち歩行・食事が可能になりました。傷口は3~4㎝程度で吸収糸(溶ける糸)による皮下埋没縫合を行い、生体用ボンドでシールするので抜糸不要、翌日からシャワー、3日目から入浴でき、早期の退院も可能です。ただし再発予防のため、術後2週間程度は重労働や激しい運動は控えていただきます。なお将来出産を控えている若い女性には帝王切開の可能性があるので、安全を配慮して人工膜剤は使用しませんが、 組織に緊張のかからない手術を行うので術後の経過は同様です。

日帰り手術

現在当院では腹壁瘢痕ヘルニア以外は、大半の方が術後1~2日で退院というクリニカルパスに基づいた短期入院となっています。入院後24時間以内の退院を「日帰り手術」と定義するので、1泊入院もそれに当てはまります。次の条件を満たす方は当日入院・当日退院の日帰り手術も可能です。

  • 70歳未満で術後の状態が良いこと
  • 健康なご家族と同居していること
  • 病院の近隣(車で30分以内)に居住していること

午前9時入院→午前中手術→自立歩行と排尿確認→午後6時夕食摂取し午後7時頃退院→自宅療養というスケジュールです(現在のところ月曜日のみの対応となっております)。

ヘルニア外来ではそけいヘルニアのほかに、腹部の手術創のヘルニア(腹壁はんこんヘルニア)も診療いたします。ヘルニアは出たり入ったりしているうちはまだよいのですが、嵌頓(かんとん)を起こすと大変ですので早期の治療が必要です。どうぞお気軽にご相談ください。

化学療法

近年、大腸がんの化学療法は内服・注射ともに急速に進歩しており、効果が期待できる一方で重篤な副作用の軽減も望めるようになってきました。最先端の FOLFIRI・FOLFOX等の持続点滴注射療法は当院でも行っていますが、治療方法は非常に複雑です。 患者さんにがん化学療法(抗がん剤治療)が行われる際は、上記の治療方法のように複雑で慎重を期する場合も多く、「チーム医療」を実施して治療を進めます。化学療法室で専任看護師が対応させて頂きます。当院では週1回、医師・看護師(外来/病棟)・薬剤師・検査技師などの専門スタッフが集まる「化学療法カンファレンス」の場でがん化学療法対象の患者さん一人一人に対する情報の共有化や今後の治療方針を検討しています。

薬剤師は医師・他職種への薬学提案と患者情報伝達者

化学療法を進めて行くには私たち医療スタッフと患者さんとの意思の疎通がとても大切です。薬剤師の基本的な業務である“服薬説明(薬剤情報提供)”の機会は、患者さんとの大切なコミュニケーションの場の一つとなっています。 ここでは、これから進めていく化学療法の特性やおこりうる可能性のある副作用等ご理解していただくとともに、「今の治療法が自分にあっているのか?」「今後の治療方針はどうなるのか?」「最新の治療法を松田病院でできるのか?」「こんな症状がある。どうしたらいいのか?」など患者さんの治療に対する様々な不安を相談していただける場ともなっております。 また、患者さんが治療に参画していただくことでご自身が症状の変化に早期に気付き、重大な副作用を未然に防ぐことにもつながります。
薬剤師はここで得た情報を医師はじめ他の医療スタッフへ伝達・共有し、また、治療上の問題点を薬学的見地から提案を行うことも大切な役割です。

セーフティーマネージャーとしての役割

投与計画が決定したら、薬剤師として以下のような薬剤管理を行います。

化学療法
オーダーシート
※クリックで拡大

1. 患者さんへの化学療法の使用計画が適切かどうかを細かくチェック。

→ オーダーシート(右図参照)と注射処方箋を照合。

2. 処方監査

  • 投薬スケジュールの確認→薬を使う期間・休む期間は適切か?
  • 投薬量の確認→身長・体重から計算した体表面積に合った薬剤量か?
  • 薬剤を投与する方法・速度等を確認
  • 他の薬剤との組み合わせに不都合がないかを確認
  • 投与する薬剤の取り違いがないか、調整方法は適切かどうか?
  • 注射薬をセットし、薬剤師間でダブルチェック

→ その後さらに、医師・看護師・薬剤師間にてトリプルチェック

3. 実施中の病室にて、薬剤の投与順序や点滴ルート、投与速度を確認 (看護師と協力)

4. 患者さんのベッドサイドで説明。経過をみながら副作用症状が出ていないかを確認。

5. 副作用がおこった場合の対応など

以上、複雑な化学療法を安全に施行するためのセーフティーマネージャーとしての役割を担っています。

タクティールケアについて

現在化学療法治療中の患者さんで、希望者の方に緩和目的の「タクティールケア」を行っております。
タクティールケアについては「緩和ケア」ページをご覧ください。

サイトマップ個人情報保護方針
特定医療法人社団松愛会 松田病院 〒432-8061静岡県浜松市西区入野町753  Copyright© Matsuda Hospital, All Rights Reserved.