トップページヘ
  • 受診のご案内
  • 退院される皆様へ
受診のご案内

退院される皆様へ

術後の悩みもご相談下さい

退院おめでとうございます。

食事指導排便指導手術・治療後の生活指導

松田病院では、患者さんが退院された後も、食事や排便、日常生活についての指導やケアを行なっています。

食事指導

退院後の食生活について

手術後1ヶ月は気をつけること

辛いもの・刺激物を控える

極端に塩辛いものを避ける。

刺激物は控える(アルコール類/コーヒー/香辛料…わさび・こしょう・カレー粉・にんにく・生姜・ラーメンスープ)

これから気をつけること

色々な食品を組み合わせて、(1日30品目)バランスの良い食事を。

水分は十分に摂りましょう。(早朝の冷たい牛乳は排便を促します)

1日20~25gの食物繊維を摂りましょう。

食物繊維

栄養指導・料理教室について

個人栄養指導
個人栄養指導

調理

炎症性腸疾患は毎日の食事が重要な治療法の一つと考えられています。

そのため当院では1998年より毎月1回IBD料理教室を開催してきましたが、現在、料理教室はお休み中です。再開時は当HPでお知らせのご案内いたします。

排便指導

オリジナルシートを使った排便指導

排便指導

日常の生活において、患者さんそれぞれが自分の便の状態を判断し、体調を把握することができるように、オリジナルの排便チェック表に記入し、それらにもとづいて排便知識を指導しています。

手術・治療後の生活指導

術後の生活における注意事項をご案内します。

退院後は、正しい排便習慣・ストレスを溜めない・適度な運動

下記の他にも、不安や疑問がおありの場合は、何でもご相談ください。

大腸手術を受けた患者さんそけいヘルニアの手術を受けた患者さん下肢静脈瘤の手術を受けた患者さんジオン治療を受けた患者さん肛門手術を受けた患者さん

大腸手術を受けた患者さんへ

1.退院後は、下記のことに注意してください

食事について

毎日食事は決まった時間にゆっくりと時間をかけてとりましょう。

食事の内容は偏らず、バランスを考えて摂取してください。(栄養指導を参考にしてください。)

食後1時間は、消化を助けるために休息をとりましょう。その後、腸の動きを良くするために散歩をしましょう。多くても1回30分としてください。

仕事・家事

家事

過労や精神的ストレスは避けましょう。

社会復帰時期(仕事開始)は診察時医師と相談してください。

睡眠・入浴

睡眠・休息は十分にとりましょう。

入浴することにより血液の循環がよくなります。ただし、長湯・熱い湯は避けましょう。

その他

薬は忘れずに、決められた量、服用方法を守りましょう。

術後半年経つと、腸もお腹の中で徐々に落ち着いてきます。

2.こんな症状が出現したら、早めに連絡を!

早めに連絡を!

  • 3日間便がでない・ガスが出ない(暴飲暴食・環境の変化・ストレス・過労などが考えられます)
  • 下痢が続く(バランスのとれていない食事が考えられます。)
  • 吐く・吐き気がある
  • お腹が張る
  • 腹痛(いつもとは違う痛み)
  • 微熱(37℃以上)が続く
  • 急に38℃以上の高熱がある

3.その他

管理栄養士が栄養指導をさせて頂いています。

退院当日診察があります。お部屋でお待ちください。

書式の決まっていない診断書(会社等に提出するもの)は、退院までに早めに申し出てください。

生命保険等の書類は1階受付へ提出してください。

鼠径(そけい)ヘルニアの手術を受けた患者さんへ

1.ヘルニアの再発を予防するために、以下のことに注意しながら日常生活を送りましょう。

排便時に力みすぎない

排便時に力みすぎないようにしましょう。

便秘にならないように、食事に気をつけて、軽い運動を心がけましょう。

重い荷物を持たないようにしましょう。

例えば、両手で「よいしょ」という程度の重いものは避けましょう。

詳しくは、退院後外来受診時に医師と相談してください。

腹圧がかかるようなスポーツは、退院1ヶ月間は控えましょう。

詳しくは、退院後外来受診時に医師と相談してください。

2.シャワー・入浴について

入浴

手術創は抜糸不要の埋没縫合をして、医療用ボンドで固定してあります。

手術翌日からシャワーを使用出来ます。

入浴は術後3日目からです。

創をこすらないようにしましょう。

3.手術部位にメッシュが入っていますので、異物感があるかもしれませんが、心配ありません。

退院後、強い痛みが出てくる、創が腫れてくる、熱があれば、受診してください。

4.腰椎麻酔で手術された方は、手術後に後頚部痛が出てくることもあります。

その場合、できるだけ安静に保つか、受診してください。

5.退院後の外来予約

退院前日までに病棟ナースステーションにて予約をおとりください。

下肢静脈瘤の手術を受けた患者さんへ

1.創の処置について

定期健診

創をおおうテープは次回外来診察まではそのまま貼っておいてください。

テープが剥がれた場合、市販(当院売店でも販売しております)のテープに張り替えてください。

創に直接貼ってあるテープは自然に剥がれるまで貼っておきます。

2.入浴について

入浴は手術後約14日間でできるようになりますが、創の状態によっては延びることがあります。外来受診時に入浴できるか判断させて頂きます。

テープが剥がれた場合、市販(当院売店でも販売しております)のテープに張り替えてください。

シャワーは防水テープを貼って頂ければ術後1日目から出来ます。

3.弾性ストッキングについて

術後2日目からはいていただき、2~3ヶ月は着用して頂きます。

それ以後も立ち仕事の時はなるべく着用していてください。

ただし、夜間はストッキングを脱いでください。

4.痛みと出血について

手術後の軽い痛みはしばらく続きます。痛みが強い時は昼夜にかかわらずご連絡ください。

また、常に赤い出血があればご連絡ください。

5.就業・家事について

家事や軽労働は退院翌日からできます。重労働は2~3週間後よりできます。

ただし、個々によって創の治り方が異なりますので、定期検診時に医師とご相談ください。

6.定期健診について

退院後の外来診察は、12日後の木曜日になります。

次回の外来受診日を病棟で予約してください。

ジオン治療を受けた患者さんへ

1.おしりを清潔にしましょう。

温水洗浄機を使用する時、水圧は弱めに、刺激しすぎないようにしましょう。

創に直接貼ってあるテープは自然に剥がれるまで貼っておきます。

2.おしりへの負担を減らしましょう。

1時間以上の同じ姿勢はやめましょう。

過労やストレスに注意しましょう。

3.日常生活について

仕事に戻るまでに時間は?

家事

家事や事務などの軽い仕事は、退院翌日から可能です

重い荷物を持ったり、力を入れる仕事は主治医と相談してください。

入浴はいつからできますか?

退院した翌日から入浴できます。

自動車・バイク・自転車はいつから乗れますか?

自動車の運転は退院直後からできます。

バイク・自転車は、手術後3~4日は避けたほうが良いでしょう。

お酒はいつから飲めますか?

ゴルフ

手術後3~4日から飲むことができます。

ゴルフ・スポーツはいつから?

手術後1週間ぐらいから良いですが、個人差がありますので主治医と相談してください。

4.副作用について

発熱

発熱

2週間前後まで、38.0~39.0℃の高熱が現れることがあります。

2~3日で自然に治りますが、念のため病院にご連絡ください。

排便困難

肛門部に一時的にしこりが現れ、便が出にくいこともありますが、自然に治ります。

肛門部が重たい感じは、数日でなくなります。

肛門手術を受けた患者さんへ

1.手術創のお手入れ

肛門の創は、縫合したものと、開放のままにしたものと2種類あります。

排便後は創を温水トイレまたはシャワーで洗い、清潔に保ちましょう。水気は軽く拭き取りましょう。外出先などでは、排便後にぬれティッシュで患部を軽く押さえて清潔に保ちましょう。

傷が治るまではこすらないようにしましょう。

軟膏使用は、朝の排便後と夜(入浴後)の1日2回が目安です。

紙ガーゼは滲出液を吸収し、傷を保護するために使用します。滲出液がなくなったら使用しなくて結構です。(滲出液が多く出る方は、紙ガーゼの交換回数を多くし、清潔に保ちましょう。)

排便時は、無理にいきむのはやめましょう。

2.痛みと出血

食事や生活が不規則になると、便秘や下痢が引き金となって痛みや出血が出ることがありますので、排便コントロールをしましょう。

痛み

排便前後の軽い痛みは2週間位続きますが、心配はありません。痛みが強い時は受診、または当院にご連絡ください。

出血(排便後の少量の出血)

排便時の刺激です。便が硬いようなら散剤や水分を多めにとり、次回の診察時、主治医に報告してください。

出血(便器が真っ赤・血の塊が出た時)

当院に電話して、受診したほうが良いか聞いてください。

その他

腰椎麻酔後2~3日に頭痛がおきる場合があります。起座で増強、臥位で軽減します。安静を保ち4~5日で改善するのが通常です。

3.定期健診・その他

退院後の診察は、1週間後、2週間後、1ヶ月後になります。

退院後の内服薬・軟膏は、退院日までにお受け取りください。

生命保険の書類は、退院時に受付事務(1階)に提出してください。

4.日常生活について

排便後のトイレットペーパーは使用するの?

手術後1ヵ月から使用できます。それまでは洗浄してください。ウォシュレットがない場合は、ウェットティッシュ等をお使いください。

入浴はいつからできますか?

入浴

手術後9日まではシャワーにしましょう。10日以後は初回3分程度から浴槽に入れます。入浴は大切な治療のひとつです。

せっけんの使用は、創の部分は手術後1ヶ月後くらい、創以外の所は手術2日後から可能です。膿皮症や粉瘤などの方は退院後すぐ入浴できます。

仕事に戻るまでの時間は?

仕事

家事や事務など軽い仕事は手術後2週間くらい。長時間(1時間以上)同じ姿勢をとり続けないようにしましょう。時々立ち上がって、血行を良くしましょう。

農作業や、重いものを持ったり力を入れる仕事は手術後4週間ぐらい。定期受診時に医師と相談してください。

ゴルフやスポーツはいつから?

手術後6週間ぐらい。創の治りは個人差がありますので、受信時に主治医とよく相談してください。

自動車・バイク・自転車の運転は?

長時間の運転、バイク、自転車は手術後6週間くらいは避けたほうがよいでしょう。受診時に主治医に相談してください。

旅行や温泉にはいつからいけますか?

遠方に出かけたり、長時間の乗り物、温泉に入ったりすることは、手術後4週間後ぐらいです。

お酒はいつから飲めますか?

手術後3週間後くらい。ただし、アルコールは下痢に傾きやすいので注意してください!

夫婦生活は?

手術後4週間後くらい。

サイトマップ個人情報保護方針
特定医療法人社団松愛会 松田病院 〒432-8061静岡県浜松市西区入野町753  Copyright© Matsuda Hospital, All Rights Reserved.