トップページヘ
  • 治療と検査
  • 検査のご案内
治療と検査

検査のご案内

お待たせせずに、笑顔で対応 性格・迅速な報告を目指します 生理検査 検体検査 生理検査 特殊検査 特殊検査

検査機器

*…予約が必要な検査

検査内容

松田病院で行なっている検査についてご案内します。

内視鏡検査

内視鏡検査

内視鏡には胃内視鏡検査(上部消化管内視鏡検査)と全大腸内視鏡検査(下部消化管内視鏡検査)の2種類があります。また特殊な検査として小腸内視鏡があります。松田病院では、胃内視鏡検査と全大腸内視鏡検査を受けることができます。

胃内視鏡検査(上部消化管内視鏡検査)

咽頭、食道、胃、十二指腸の一部を観察します。

1. 検査方法

従来から行われている胃内視鏡検査は、喉の表面麻酔だけで行う方法です。喉を麻酔しても「おえっ」となる感じがして苦しい検査でした。最近では、従来の方法に加えて、2つの方法を選択することができました。

喉の表面麻酔で行う方法

キシロカインという表面麻酔薬入りゼリーを咽頭部に染み込ませたりスプレーを吹き付けて喉の表面を麻痺させたりして内視鏡を挿入します。最も一般的な方法です。十分な観察ができ、検査後には車の運転もできます。

鎮静剤(眠りぐすり)を使った方法

半分意識が無い状態で検査を受けることができます。ほとんどの場合、わからないうちに検査が終わります。ただし、検査後最低1時間は病院で横になっている必要があります。また、検査を受けた日は車の運転はできません。

経鼻内視鏡

直径6mm程度の細い内視鏡を鼻から挿入します。舌根(舌の奥)を刺激しないので、「おえっ」ときません。内視鏡が細いのでやや観察の精度が落ちる傾向があります。また、検査後に鼻出血(はなぢ)が出てしまうことがあります。麻酔を使わないので、休憩する必要がなく、検査後の車の運転も可能です。

経鼻内視鏡

※鎮静剤を使っても、苦痛がとれない患者さんもたまに見受けられます。そのような場合には、鎮静剤を強くしたり、鎮静剤を使用した上で経鼻内視鏡を行う場合があります。主治医とご相談ください。

検査方法 苦痛 精度 検査後の
車の運転
その他副作用の可能性
胃内視鏡検査 咽頭麻酔下通常内視鏡 × ◯*  
鎮静下通常内視鏡 ×   
経鼻内視鏡 ◯* 鼻血の可能性
バリウム検査 × ◯* バリウム便秘の可能性

*胃の動きを止める薬(ブスコパン)を使うと眼の調節障害、眠気、めまい等を起こすことがあります。
お車での来院はお控えください

2. 検査によって何がわかるのですか?

胃内視鏡検査でわかる頻度の高い病気には次のようなものがあります。

  • 食道:逆流性食道炎、食道がん、食道静脈瘤、バレット食道
  • 胃:ポリープ、萎縮性胃炎、胃潰瘍、胃がん
  • 十二指腸:十二指腸潰瘍、十二指腸ポリープ
  • 早期咽頭がん
3. どれくらいの頻度で行えばよいですか?

患者さんの状態によって異なります。

  • ピロリ菌感染がない場合:5年に1回
  • ピロリ菌感染がある場合:1年に1回(除菌した後も1年に1回の検査が望まれます)

※ピロリ菌がいなくても、ある程度すすんだ逆流性食道炎やバレット食道がある場合には、年に1回の検査が望まれます。

4. 検査にはどれくらい時間がかかりますか?

2時間~半日くらいかかります。
受診してから、診察を受け、必要に応じて血液検査などを行なってから胃内視鏡検査を行います。鎮静剤を使って眠った状態で検査を受ける場合には、検査後最低1時間休んでいただきますので、すべて終了するまでには半日程かかります。 鎮静剤を使用しない場合(咽頭麻酔のみ、または経鼻内視鏡)には、2時間程度となります。ただし、予約患者さんの数や当日受診された患者さんの数によって異なりますので、もっと時間がかかる場合もありますのでご了解ください。

5. 予約は必要ですか?

原則として事前に予約していただいております。
緊急を要すると判断された場合には、予約がなくても検査を行います。また、当日の予約枠に空きがある場合には、即日検査が可能な場合があります。
電話での仮予約は可能ですが、検査を行うかどうかは、担当医師による診察で最終的に判断させていただきます。

全大腸内視鏡検査(下部消化管内視鏡検査)

検査の種類により、S状結腸や大腸を観察します。

1. 検査の種類
S状結腸内視鏡検査

簡単にS状結腸まで観察することを目的とした検査で、検査前にグリセリン浣腸(120ml)を行い、直腸にたまっている便をきれいにするだけで、見える範囲の大腸を観察します。便がたまっていない患者さんの場合には、盲腸まで(つまり大腸全体を)観察できることがあります。当日朝食を食べていても、検査を受けることができます。大腸全体を見るわけではないので、不完全な検査ですが、肛門から赤い血液が出た場合や、便に血液が付いていた場合の緊急的な診断には大変有用です。通常、麻酔をかけずに検査を行いますので、少しお腹の張る感じがありますが、苦痛のない範囲で検査を終了します。検査終了後には車を運転することができます。

全大腸内視鏡検査

大腸全体をくまなく観察する検査です。前日から若干の食事制限をした上で、検査当日2リットルの下剤を飲んで腸をきれいにする必要があります。通常、ポリープなどが見つかった場合に、その場で切除することが可能です。(抗凝固剤を内服している場合や、大きさや形態によってはできない場合があります)通常、鎮静剤や鎮痛剤を注射して眠った状態で検査を行いますので、検査に伴う苦痛はありません。検査を受けた日は車の運転はできません。事前の予約が必要です。

  苦痛 精度 下剤・
食事制限
検査後の
車の運転
ポリープ切除
などの処置
予約
S状結腸内視鏡検査
(鎮静剤不使用)
なし × ▲*
全大腸内視鏡検査
(鎮静剤下)
必要 × 必要

*血便が出たというような症状のある場合には予約なしでも検査を行います。

2. 検査によって何がわかるのですか?

全大腸内視鏡検査でわかる頻度の高い病気には次のようなものがあります。

  • 大腸ポリープ (がんになる可能性のある腺腫と、がんにはならない過形成性ポリープがあります)
  • 大腸憩室
  • 大腸がん
  • 大腸の炎症(潰瘍性大腸炎、クローン病)
  • 大腸色素沈着症
  • その他
3. どれくらいの頻度で行えばよいですか?

一般的には、3年に1回程度でよいと思われます。
ポリープを切除した後には、その数・形や切除の状況などに応じて半年後や1年後に検査を受けたほうが良い場合があります。

4. 検査にはどれくらい時間がかかりますか?

S状結腸内視鏡検査:内視鏡検査自体は5~10分程度です。事前の浣腸などの準備や待ち時間などを含めると来院から帰宅までには2時間程度かかります。患者さんの来院数によっては、さらに時間がかかる場合があります。

全大腸内視鏡検査:内視鏡検査自体は10~20分程度です。事前の下剤の内服などの準備や、鎮静剤を使用したあとの休憩時間や待ち時間などを含めると4~8時間程度かかります。朝来院された場合でも、帰宅できるのは午後から夕方になります。また、ポリープを切除された場合には、大きさや数、形態によって1泊~2泊の入院が必要となります。

5. 予約は必要ですか?

全大腸内視鏡検査は、事前の予約が必要です。必ず検査の前に一度診察を受けていただきます。受診から検査までには、通常1週間から1ヵ月お待ちいただいております。

S状結腸内視鏡検査も原則として事前に予約していただきますが、下血など急を要すると判断された場合には、予約がなくても検査を行います。また、当日の予約枠に空きがある場合には、即日検査が可能な場合があります。

電話での仮予約は可能ですが、検査を行うかどうかは、担当医師による診察で最終的に判断させていただきます。

その他

1. 胃内視鏡検査と全大腸内視鏡検査を同時に受けることができますか?

検査が必要と判断された場合には、2つの検査を同時に行うことができます。
ただし、保険診療は、病気が疑われる場合や病気の定期フォローアップの場合に限り適応されます。症状が全くない場合や、「慢性胃炎」や「大腸ポリープ」などの診断を全く受けたことがなく、単に検診目的の場合には、 人間ドックを受けていただくようお願いする場合がありますので、ご了承ください。

2. CTやエコーと内視鏡検査を同時に受けることはできますか?

全大腸内視鏡検査では、下剤を大量に飲むため、CTやエコーを同じ日に受けても精度が下がる場合があります。そのため、原則として、同時に行わないようにしています。

全大腸内視鏡検査+CT 全大腸内視鏡検査+エコー
胃内視鏡検査+CT 胃内視鏡検査+エコー
S状結腸内視鏡検査+CT S状結腸内視鏡検査+エコー
胃内視鏡検査+S状結腸内視鏡検査 胃内視鏡検査+全大腸内視鏡検査
胃内視鏡検査+全大腸内視鏡検査+CT 胃内視鏡検査+全大腸内視鏡検査+エコー

検体検査

血液検査

HCVフローチャート
HCVフローチャート
※クリックで拡大

HBVフローチャート
HBVフローチャート
※クリックで拡大

白血球や赤血球の数を測定する事により、体の中の炎症や貧血を診断する事が出来ます。
また血清成分を分析する事により、腎機能、肝機能、糖尿病や感染症などの補助診断が出来ます。

血液検査結果の見方

 

 

ピロリ検査

ピロリ検査
ピロリ検査の流れ
※クリックで拡大

ヘリコバクター・ピロリ感染の有無を調べる検査です。
胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療を受けているか治療経験のある方は保険診療で検査・治療することが可能です。
尿素呼気検査などで、感染の有無を調べ、必要であれば除菌治療をします。

 

 

細菌検査

ノロウイルス・キャンピロバクター・サルモネラなとの食中毒の原因を検査します。
また結核や肺炎などの原因菌を検索する事により確定診断が可能となります。

主な腸管感染症の特徴

尿検査

尿中の成分(タンパク、糖、肉眼では見えない程度の血液など)を検査することにより、体内の変化や異常をチェックします。

便検査

便中の血液を測定する便潜血反応検査により早期大腸がんを見つけることができます。また便中の寄生虫や原虫など顕微鏡で見つけることが出来ます。下痢や嘔吐をした場合、原因となる細菌を検出する検査をします。

病理検査

胃や大腸の内視鏡検査を行った際に採取した組織で病気の診断(癌細胞などの悪性細胞の有無)や原因の究明を行う検査です。

輸血検査

高度の貧血や大量出血で体内の血液が不足し、他人の血液で不足を補う場合に安全に血液を提供するための検査。 本人の血液と他人の血液が適合するか否かを検査します。

生理検査

脈波検査

心電図検査・動脈硬化

胸部と手足に電極を付け波形を測定する事によって、心臓の機能を見ることが出来ます。不整脈、心筋梗塞などが波形によって診断できます。




脳波波形
脈波波形
※クリックで拡大

脈波検査

手足の血圧を測るだけで血管の弾力性(血管年齢)や下肢の血管のつまり具合(閉塞性動脈硬化)を調べる検査です。食事制限もなく簡便で負担のかからない検査で15分程で検査できます。






特殊検査

肛門内圧検査

直腸肛門内圧測定
マイクロチップトランスジューサー

この検査は主に肛門閉鎖不全(肛門括約筋が緩い)、直腸膣壁弛緩症、直腸粘膜脱などの患者さんの肛門機能を測定し、治療方針を決めるための検査です。
肛門の締まっている部分(肛門管)の長さは解剖学的に約3㎝です。肛門管には肛門括約筋があり、通常は50 〜100cmH2Oの強さで締まっていますが、高齢者など便漏れのある患者さんでは肛門括約筋が緩んで肛門内圧は10~20cmH2Oまで低下することがあります(肛門閉鎖不全)。 このため、気が付かないうちに下着が汚れてしまう、便がもれてしまうという現象が起こることがあります。直腸肛門内圧検査は肛門の締まりの程度、直腸の機能を測定する検査で痛みを感じることはほとんどありません。以下に測定内容を説明します。

肛門管最大静止圧、生理学的肛門管長

マイクロチップトランスジューサーが付いたカテーテルを肛門に挿入し肛門括約筋の締まりを測定します。また圧と時間を測る引き抜き法を実施して、肛門管の長さも測定できます。

最大随意収縮圧

直腸肛門内圧測定

同じマイクロチップトランスジューサーが付いたカテーテルを肛門に挿入し、肛門をぎゅっと締めたときの強さを測定します。安静にしている時の2~3倍の締まりとなります。(女性は男性より低い。)



直腸肛門反射

バルーンを直腸内に挿入後、肛門管の位置にマイクロチップトランスジューサーを固定し空気を注入し反射の様子を測定します。通常は直腸に便がたまった時、肛門の筋肉は一時的に圧力を弱める反射が見られます。

コンプライアンス

直腸肛門内圧測定

直腸に入れたゴム風船にゆっくり水を注入し、便のたまっていく感じとその時の直腸の内圧を測定します。便意をできるだけ我慢したときの水の注入量と直腸の内圧との比率で直腸の柔らかさを数値であらわします。(数値が小さいほど直腸壁が硬い。) 以上の項目を約20分で検査します。
直腸肛門内圧検査は治療方針を決めるための重要な検査です。最近おしりの締まりが緩いと感じる方は一度検査をお薦めします。
※検査前処置に浣腸が必要です。検査1時間前に来院してください。

尿流量検査

UQ

測定装置に向かって排尿するだけで、尿の勢いや排尿の具合が数字やグラフとなって表示され、排尿の状態がわかります。尿の勢いが低下する原因には、前立腺肥大症などで尿の通り道が狭くなっている場合と、収縮力が低下している場合とがあります。

大腸の手術後には前立腺肥大症の症状が悪化したり、膀胱収縮力が低下したりすることがありますので、術前・術後に検査することで、簡単に排尿の異常を知ることができます。

その他

CT Colonography(CTコロノグラフィー)

当院では平成18年3月より導入し、近年では年間約1000件程度実施しております。静岡県内では最も多く、全国的にも上位の検査数となっております。また、平成27年11月より80列MDCTを導入し、より早くより低被ばくでの検査が可能となりました。
多くの経験と最新機器を駆使し、より患者様の負担を減らし、精度の高い検査ができるよう日々取り組んでおります。

CT Colonography(CT-C)とは

仮想大腸内視鏡ともいい、CTで撮影した画像をもとに大腸内を観察する検査です。大腸を拡張させた状態で撮影し、ワークステーションと呼ばれる専用のPCにて仮想内視鏡画像を作成します。(図1)。また、バリウム注腸のような仮想注腸画像を作成することもできます。(図2)

CTコロノグラフィー
図1. 大腸内視鏡と仮想大腸内視鏡(大腸がん)

CTコロノグラフィー
図2. バリウム注腸と仮想注腸(大腸がん)

 

特徴

現在、大腸の精密検査として多くの施設で行われているのが大腸内視鏡検査です。しかし、内視鏡医が不足し速やかに全ての検査を行えていないのが現状です。そこで注目を浴びているのがCT-Cです。近年では保険収載され、導入する施設が増えています。

大腸内視鏡と比較すると・・・

CT-Cのメリット

  • 検査時間が短い。
  • 下剤の量が少ない。
  • 検査後、すぐに帰宅できる。
  • 腹部全体の撮影をするため、大腸以外の臓器も観察できる。

CT-Cのデメリット

  • 少量の被ばくがある。
  • 病変が存在した場合、後日大腸内視鏡にて処置が必要となる。

などが挙げられます。当院では両検査の特徴や患者様の希望を考慮し、それぞれにあった検査方法をご提案しております。

検査方法

前処置として下剤を内服していただきます。肛門に細いチューブを挿入し、炭酸ガス自動注入器にて送気し大腸を膨らませます。しっかり大腸が膨らんだ状態で息止めを行い撮影します。撮影時間は5~6秒程度で、基本的には仰向けとうつ伏せの2体位撮影します。全検査時間に多少個人差はありますが、入室~退室まで約10~15分程度です。

前処置方法(当院の場合)

前日から在宅で下剤を飲んでいただく方法と、検査当日病院で下剤を飲んでいただく方法の2種類を用意しております。

『在宅服用の流れ』

検査前日 朝食後 水200ml+造影剤(ガストログラフィン)10mlを内服
15:00 緩下剤(センノシド錠)を200mlの水で内服
夕食後 下剤(クエン酸マグネシウム)50gを水180mlで溶いた溶液と、
水200ml+造影剤(ガストログラフィン)10mlを内服
検査当日 起床後 水200ml+造影剤(ガストログラフィン)10mlを内服

『病院服用の流れ』

検査前日 夕食後 緩下剤(センノシド錠)を200mlの水で内服
検査当日 起床後 ガスチモン(腸の働きをよくする薬)を内服
来院後 腸管洗浄用下剤900mlと造影剤(ガストログラフィン)40mlを混ぜた下剤を内服
内服後 ガスチモン(腸の働きをよくする薬)を内服

※前日の夕食(低残渣食)後は、水分摂取のみです。
※腎機能の問題等で内服法が限られる場合がありますので、詳しくは病院へお問い合わせ下さい。

TRUS(経直腸超音波検査)

TURS(経直腸超音波検査)

TURS(経直腸超音波検査)
肛門周囲膿瘍(肛門痛)

TURS(経直腸超音波検査)
肛門括約筋不全(直腸脱・脱肛)

放射線部では最新鋭の超音波診断装置(日立ARIETTA70)を導入し、TRUS(経直腸超音波)という検査が行えるようになりました

超音波検査というと通常お腹に機械(プローブ)を当てて行いますが、この検査では写真(矢印)にある細長いプローブを使って肛内の状態を観察します。肛門の周りの筋肉(括約筋)の状態や、膿瘍の状態などが鮮明に映し出され、痔瘻、肛門周囲膿瘍に対する肛門の痛みや、肛門の不具合(肛門括約筋不全)等に対して、より的確な診断をすることができます。

ジッツマーク(SITZMARKS)検査

SITZMARKS検査

便秘の方などの大腸の働きを調べる検査です。ジッツマーク(SITZMARKS)はゼラチン製のカプセルに塩化バリウムとポリ塩化ビニールで出来た3種類の形態のリングが各10リング入っています。

検査方法は、1日目、3日目、5日目にそれぞれ違う1カプセルを内服。6日目にレントゲン撮影をして、各形態のリングの停留位置を確認することで、大腸の働きを調べます。

カプセル及びリングは体には無害で、吸収されずに体外に排出されます。

デフェコグラフィー(排便撮影)

排泄後
排泄後

排泄前
排泄前

検査目的

排便機能障害や直腸脱・直腸瘤・直腸重積・肛門閉鎖不全など、排便機能に関する疾患に対し、排便時の直腸や肛門の動きを観察する検査です。

検査方法

デフェコグラフィー

透視室にて疑似便(バリウムを寒天にて固めたもの)を直腸内に入れ、簡易便器に排泄していただく検査です。まず、疑似便を入れた状態で安静時・肛門引き締め時の正面・側面像を撮影し、その後側面から排泄時の様子を観察・撮影します。
検査は個人差がありますが、15分~20分程度です。症状によっては腸管の下垂の有無を確認するため、検査前に造影剤を内服していただき、30分後に検査開始となります。

その他

検査にあたり、食事制限はありません。
疑似便は検査中にほとんど排泄されます。もし検査中の排泄が困難であった場合、坐薬などを用いて排便を促していただく可能性があります。

デフェコグラフィー
※クリックで拡大

 

バイオフィードバック

バイオフィードバック療法

バイオフィードバック療法

肛門を十分に締められないために便失禁が生じている場合に、自分の肛門括約筋の動きを見ながら上手に締める方法を習得する訓練

訓練方法
バイオフィードバック療法(筋電計による)
座った状態や寝た状態などで、パソコンの画面を見ながら肛門を「締める・ゆるめる」を繰り返し行います。訓練時間は15~30分程度です。痛みは伴いません。
訓練回数、間隔は、その方々の症状などに合わせて行います。
あくまでも、確認作業とコツを習得するものになります。自宅での骨盤底筋訓練を毎日継続しておこなうことが症状改善につながります。

バイオフィードバック療法 バイオフィードバック療法 訓練の様子

バルーン排出訓練

肛門に入れたバルーンを出すことで「いきんだ時に肛門が弛緩する」を習得する訓練
肛門付近の筋肉(骨盤底筋群)の緊張が強すぎて、いきむほど肛門が開きにくくなってしまう状態=アニスムス(奇異性排便時収縮)の方を対象に行います。

訓練方法
肛門にコンドームを挿入し、その中に微温湯を便意が出現するまで注入します。便意が確認できたらポータブルトイレに座ります。
正しい排便姿勢で、いきんでコンドームを出します。これを繰り返し訓練することで「いきんだ時に肛門が弛緩する」を習得することができるようになります。
訓練回数、間隔は、その方々の症状などに合わせて行います。

バルーン排出訓練 バルーン排出訓練 訓練の様子

排便は羞恥心を伴う行為でありプライバシーに十分配慮し、個別のフロアで専門の看護師が付いて1対1で行います。 排便困難となる原因や治療については、直腸肛門機能の専門的な検査・診断が必要とされます。お悩みの方は、まずは排便機能外来へご相談ください。

検査機器について

松田病院で利用している検査機器をご紹介します。

全大腸内視鏡検査(下部消化管内視鏡)機器

硬度可変式内視鏡

それぞれの大腸にあわせて硬さをかえられるため、鎮痛剤の併用によってほとんど苦痛なしで検査を受けることができます。

拡大内視鏡

2005年拡大内視鏡をフルセットで完備。病変の表面を詳細に観察できるため、ポリープかがんなのか、がんであるならどのような治療が必要なのかをかなり正確に生体内で診断することができます。

高度可変式内視鏡/拡大内視鏡 高度可変式内視鏡/拡大内視鏡

サイトマップ個人情報保護方針
特定医療法人社団松愛会 松田病院 〒432-8061静岡県浜松市西区入野町753  Copyright© Matsuda Hospital, All Rights Reserved.